読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これいい商店街

これいい、これ便利、これお得をご紹介。みなさまのお供に最適です。

理想的な紅茶の茶葉のジャンピングについて

f:id:teabreakchan:20161103145641j:plain

紅茶に、理想的な条件での熱湯を注ぐことで起こる、茶葉のゆったりとした上下運動のことをジャンピングといいます。

まるで茶葉がジャンプしているように見えることから、そう呼ばれるようになりました。


茶葉のジャンピングが起こることで、茶葉の一片一片から満遍なく味や香りが抽出されます。

 

お湯の温度を守って、香味豊かな美味しい紅茶を淹れるための、必要な通過ポイントです。

 

まず、空気をたっぷり含んだ汲み立ての新鮮な水を使って、沸騰させます。

沸騰させ過ぎに注意。

すぐにお湯を紅茶に勢い良く注ぐと、茶葉の半分以上が上に浮かび、残りが下に沈みます。

しばらくすると、上下に動き始めて、水分を十分に吸った茶葉が下に沈んでいきます。
茶葉の種類によっては、ジャンピングが起こりにくいものもあります。

ジャンピングしないからといって、スプーンなどでかき混ぜないようにしましょう。

 

お湯が沸騰不足の場合、対流が起こりにくく、茶葉はほとんど上に浮き上がったままとなり、ジャンピングは起こりません。

お湯を沸騰させすぎると、水分中の空気が少なくなり過ぎるため、茶葉は下に沈んでしまい、泥臭くエグい味わいの紅茶になってしまいます。

 

ポットは丸みのあるものを使うと、お湯の対流運動が起こりやすく、茶葉のジャンピングを促しやすいといわれていますので、そういったものを選んで下さい。

 

お湯を注いだ時に温度が下がって冷めるのを防ぐため、あらかじめポットは温めておいてください。


<ルピシア>ノンカフェインティーセット