読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これいい商店街

これいい、これ便利、これお得をご紹介。みなさまのお供に最適です。

身近な紅茶、ティーバッグでの紅茶のいれ方で注意点はどんなことがあるのでしょうか

ティー

f:id:teabreakchan:20161115192627j:plain

おいしい紅茶が手軽に飲めるのは、ティーバッグのお蔭と言っても過言ではありません。

 

忙しく時間がない時に、ちゃんとした入れ方ができずにいるよりは、手軽に大好きな紅茶を楽しみたいものです。

 

そんな手軽なティーバッグですが、誤ったいれ方をすると、せっかくの紅茶のおいしさが台無しになってしまいます。

 

そんなティーバッグでの、紅茶のいれ方の注意点について、見ていきたいと思います。

 

f:id:teabreakchan:20161115192903j:plain


<ソレマル○>

 

紅茶の茶葉のとき同様に、ティーバッグでもしっかりと蒸らします

 

お湯をカップに注いだら、皿や蓋などできちんとふたをして、ティーバッグをきっちりと蒸らすことで成分が抽出されます。

 

しっかりと蒸らせなかった場合は、紅茶の香味は半減してしまいます。

 

 

ティーカップに比べて容量が大きいマグカップで紅茶をいれた時は、湯量が多くなってしまいがちなので注意が必要です。

<ソレバツ×>

 

ティーバッグを振るだけでは、味は引き出せません。

 

ティーバッグに熱湯を注いだら、皿や蓋などでふたをして蒸らすことが大事です。

 

すぐにティーバッグを振っただけでは、色は出ますが味は引き出せません。

 

美味しさを引き出す重要なポイントは、一定時間しっかり蒸らすことです。

<ソレバツ×>

 

ティーバッグの二度漬けはいけません。
ティーバッグは、1袋約2gの茶葉が入って、1杯用に作られています。

 

まだ色が出るからと言って、1つのティーバッグを2個のカップに振りながらいれても、味や香りのないただの色付きのお湯が出来てしまいます。

<ソレバツ×>

 

スプーンなどで、ティーバッグを押し出してはいけません。
押し出すと、えぐ味や苦味が強く出てしまいますので、せっかくの風味が損なわれてしまいます。

今までうっかりやっていたことも、これからはこれらの注意点に気をつけて、おいしい紅茶を作って、飲みたいと思います。

 

おいしい紅茶、ルピシアのティーバッグの紅茶セットについて、くわしくはこちら。

<ルピシア>ティーバッグバラエティー4缶ギフト