読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これいい商店街

これいい、これ便利、これお得をご紹介。みなさまのお供に最適です。

手鍋でのロイヤルミルクティーのいれ方について(手鍋方式)

f:id:teabreakchan:20161109104456j:plain

甘くてコクがあってミルクたっぷりで人気なのが、ロイヤルミルクティ。この名前は、日本独特の言い方です。

厳密な定義はないようですが、全体の20%以上のミルクがたっぷり入っていれば、ロイヤルミルクティと呼ばれるようです。

 

手鍋などで、牛乳と茶葉を煮込んで作る「シチュードティー」のいれ方になります。
ここの注意すべきポイントは2つです。

 

1つ目は、牛乳に乾いたままの茶葉を直接入れないことです。あらかじめ紅茶の茶葉は、別の容器でお湯に浸して、茶葉を開かせておくことで、牛乳の成分で抽出液が出ないまま茶葉を包んでしまうのを防ぎます。

 

2つ目は、沸騰させないことです。茶葉を煮込むとエグ味が出ますので注意したいところです。

 

1.水と牛乳を加熱する
  手鍋に水と牛乳を入れて加熱する。

  カップ1杯分の目安が、約170mL程度なので、それぞれの杯数分の1/2

  (各約85mL/杯ずつ)の量を用意します。

2.茶葉をお湯に浸しておきます
  断熱容器に、紅茶の茶葉(1杯につき3g目安に)を入れます。
  その茶葉に熱湯をかけ、茶葉が馴染んで開くまで、お湯に浸しておきます。
  乾燥した茶葉をそのまま牛乳に入れると、牛乳のタンパク質が茶葉をコー

  ティングしてしまうため、あらかじめ茶液が出やすい状態にしておきます。

3.紅茶の茶葉を入れる
  温度を均等にするために、時々かき混ぜます。
  沸騰直前で、全体に泡が出てきたら火を止めて、浸しておいた茶葉を手鍋

  の中に入れる。

4.軽くかき混ぜる
  なじませるように軽くかき混ぜます。
  茶葉を入れてからは煮ないようにします。茶葉からエグ味が出たり、牛乳

  独特の香りが出て紅茶の香りを損ねてしまうため、注意します。
  香り立ちを確認するなどして、スプーンなどで、極々軽く混ぜます。

  混ぜすぎると、余分な渋みが出てきてしまうので注意。

5.手鍋に蓋をして長めに蒸らす
  マットを敷き、蓋をして蒸らします。タイマーや砂時計をセットして計ります。
  牛乳に負けないくらい、紅茶の香味をしっかりと抽出するために、ストレート

  ティーよりも若干長めに蒸らします。
  ストレートティーは、細かい茶葉で2~3分、大きい茶葉で3~4分を目安

  なので、+1分程度長めに茶葉を蒸らします。

6.ポットに注ぐ
  茶こしを使って、温めておいた別のポットに注ぎます。
  (このロイヤルミルクティーの場合は、温めておいたカップに直接注いでも

  大丈夫です。)

7.カップに注ぐ
  内側が真っ白で、直径が大きく香りが広がりやすい、浅い形のティーカップ

  がオススメです。
  好みで甘みを加えると、さらにコクが出ます。
  

牛乳と水の割合は、好みで色々試してみると面白いと思います。

【送料無料】[紅茶]アッサムCTC2016年ハティマラ茶園100g