読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これいい商店街

これいい、これ便利、これお得をご紹介。みなさまのお供に最適です。

アイスティーのいれ方(オンザロック方式)について

f:id:teabreakchan:20161109113023j:plain

アイスティーって、氷にストレートティーを入れればいいのでは?

そうなんですが、ちょっとした工夫で、おいしいアイスティーができあがります。

 

冷たくておいしいアイスティーは、紅茶の熱を急速に奪って、なおかつ簡単シンプルに作ることができるのが、濃く作った紅茶を一気に注いで急冷する方法、オンザロック方式」です。

 

これは、入れた氷が溶けた時に丁度よい濃さになるように、計算して紅茶を作っておくことがポイントです。

 

紅茶本来の味と香りを楽しむことが出来るので、すぐに飲みたい時や、夏場の暑い時には特にオススメの飲み方です。

 

アイスティーで使うグラスは、11オンス前後が多いのですが、一般的なティーカップの2倍程度の容量になります。

グラスいっぱいに氷を入れると、隙間ができますので、おおよそティーカップ1杯分強の分量に相当すると考えます。

 

 

紅茶の茶葉を、1杯あたりティースプーン2杯分で入れると、倍の濃さのホットティーが出来上がります。そこに氷が溶けて、冷たくてキリリとしたアイスティーが出来上がります。


気をつけるべきなのは、クリームダウン現象で、みずみずしさが失われ濁ってしまう場合がありますが、冷やす前に砂糖を加えておくと効果があると言われています。

1.ポットを温めておく
  湯通しするなどして、ポットを温めておきます。
  冷たいポットに熱湯を注ぐと、温度が急激に下がってしまうので、予め

  温めておきましょう。

2.お湯を沸かす
  やかんなどに、水道から汲み立ての空気をたくさん含んだ新鮮な水を入れます。
  ガスコンロなどにかけて沸騰させます。5円玉くらいの泡がポコポコ出て来る

  状態まで沸騰させます。

3.茶葉を入れる
  温めておいたポットに、茶葉を量って入れる。
  グラス(カップ)1杯分は、ティースプーン1杯分(2.5~3g)として、

  必要な杯数分を入れます。

4.お湯を注ぐ
  ポットの下にマットなどを敷きます。
  2倍の濃さの紅茶を作るため、通常(グラス1杯分150~160mL目安)の

  半分量、つまり75~80mL/杯の沸騰直後のお湯を手早く、勢い良くポット

  に注ぎます。
  やかんの温度が下がるのを防ぐため、ポットをやかんの側に持っていき、

  お湯を注ぐと良いでしょう。

5.茶葉を蒸らす
  ポットの下にマットを敷き、すぐに蓋をする。ティーコジー(カバー)を

  ポット全体に被せて待ちます。
  約2分(ホットティーより短め)茶葉を蒸らします。

6.別の(ポットなどの)容器に移す
  茶こしを使って、別のポット、または耐熱容器などに移し替えます。

7.砂糖を加える
  甘みを付ける場合は、この段階でグラニュー糖を入れます。
  クリームダウンを防ぐのにも有効とされています。

8.氷を入れて紅茶を注ぐ
  砕いた氷をグラスにたっぷりと入れます。
  熱い紅茶を、グラス7分目程度まで注いで、急速に冷やします。

 

9.マドラーで混ぜる
  片方の手で、グラスを底面近くで押さえて、マドラーで軽く混ぜます。
  氷が溶けてくるので、追加の氷2~3個載せて、グラス8分目くらい

  に仕上げます。

尚、7.にありました、クリームダウンとは
紅茶は、冷えたり時間が経過したりすると、タンニンとカフェインが結合し、

白く濁って見えることがあります。
これがクリームダウンと呼ばれる現象で、飲んでも害はないが、アイスティー

特有の清涼感が失われてしまいます。

 

対策としては、タンニンの含有量が少ない紅茶を選んだり、蒸らし時間を短くしたり、ポットに紅茶を移し替える際に、最後の一滴まで注ぎきらない、冷やす前に砂糖(グラニュー糖)を入れておくことなどが有効とされています。

これで、おいしいアイスティーが出来上がります。

<ルピシア>人気の紅茶 3種セット